BBクリーム CCクリーム 違い

BBクリームとCCクリームの違い。ニキビ跡にはどちらを使うべき?

 

ニキビ跡を隠すには、BBとCCどちらが良いのか

 

解りやすく解説します。

 

 

 

お肌を綺麗に見せるコスメはたくさんあれど、BBクリームとCCクリームの違いってよく分からないですよね。

 

特に、普段化粧をしない男性にとってその違いを理解するのは難しいことです。

 

今日は、ニキビ跡を隠すならどっちを使うべきなのか?解説していきます。

 

さて、まずはBBクリームとCCクリームの違いを端的に説明します。

 

BBクリーム

BBクリームとは、Blemish(傷を)Balm(癒す)Creamの事です。

 

リキッドファンデに近いテクスチャで、傷をパテで埋めて隠すようなイメージです。

 

油絵の具で肌の表面を整えるようなイメージですね。(もちろん油絵の具みたいに肌に負担はかかりませんが)

 

CCクリーム

化粧品会社が独自に開発したため、正式名称は定められていないが

 

Color(色を) Control(操る)Cream

 

Color(色を) Conditioning(整える)Cream

 

Complete(完全に) Correction(補正する)Cream

 

などと言われています。

 

名前の通り、傷をパテ埋めするようなことはなく上から色を塗って光でごまかすクリームです。
ナチュラルメイクのベースに使われる事が多いクリームですね。

 

 

ニキビ跡を隠すにはBBクリームとCCクリームどちらが有効なの?

 

勘の良い人は気付いているかと思いますが、ニキビ跡にはBBクリームが有効です。

 

ニキビ跡で凹凸のある肌はCCクリームではカバーできません。パテ埋めが必要です。

 

CCクリームはあくまで、色をコントロールして透明感を出すなど肌の色味を綺麗に見せるクリームですね。

 

なので、ニキビ跡を隠す事が目的であるならBBクリームを使いましょう。

 

トップページでも書きました、僕はNULL BBクリームをおすすめしています。よかったらトップページか商品公式ページを覗いてみてください♪

 

 

各ページへのリンクはこちら

⇒トップページはこちら

 

⇒商品公式ページはこちら